トップ > 知人が子宮がんで亡くなりました

知人が子宮がんで亡くなりました

30代の時、知人が子宮がんで亡くなりました。その方は35歳でした。子供をうんだばかりで、まだ小さい子供を残して天国に旅立った彼女の気持ちを思うと、いまだに泣けてきます。出産後でしたので、不正出血があったそうです。そのまま子育てに忙しく、くわしい検査は放置していたのが間違いでした。気付いた頃には、かなり、がんは進行していたそうです。おかしいと気付いていたはずなのに、検査にもっと早くいってくれていたらと思うと、悔やんでも悔やみきれません。女性なら、誰でもなりうる子宮がん。わたしはそれからは、毎年定期的に、子宮がん検診はかかさず受けています。合わせて、乳がん検診も受けています。女性だからこそ、怖い病気です。はずかしいとか、めんどくさいなんて言ってられません。1年に一度の検査で、もしかしたら助かる命があるのですから。私は忘れないように、自分の誕生日の月に検査をしていただきます。せっかく親からもらったこの命を生き抜くために。

このあたりはご存知ですか?

前の記事 | 次の記事

関連記事