トップ > 乳がんに伴う乳房再建手術

乳がんに伴う乳房再建手術

"女性用の医療保険について考えるようになったきっかけは、古い友人が乳がんになったことでした。
当時まだ20代半ばだったにもかかわらず、彼女は乳がんにかかってしまったのです。幸い発見が早く小さなものでしたが、転移の危険をできるだけ減らすためにと乳房全摘出手術を受けることになりました。若いのだから温存療法を選べばよいのではないかとも思いましたが、若いが故にがん細胞の成長も早く、しっかり取り除かないと転移が心配だからと、潔く全摘を選んだのです。
女性にとって、いくつになっても乳房を失うということは大きなショックを伴うものです。それがまだ20代ともなれば、その喪失感は計り知れないものでした。
彼女はその後乳房再建手術を受けるとのことでした。
ですが、ここで私は初めて乳房再建手術の費用が補償される保険とされない保険があるということ知りました。保険による補償なしで再建手術を受けると、経済的に大きな負担になります。一度乳房を失った女性がその先の人生を少しでも快適に過ごす為にも、女性用医療保険を選ぶ際にはぜひ乳房再建手術の補償の有無というものを確認していただきたいと思います。"

このあたりはご存知ですか?

医療費がかなり掛かるようになりUFJカードローンでお世話になりました。

前の記事 | 次の記事

関連記事